プロが教えるシストレコラム

選べるシストレご紹介のコラム

シンプル検索の「おすすめ」フィルター

掲載日2017年9月11日
 
みなさん、こんにちは。
 
世界初となるマルチデバイス対応の「ミラートレーダー」を導入して3か月目に入りました。
 
今回は新プラットフォーム導入に合わせて追加したシンプル検索画面の「おすすめ」フィルターについてご紹介します。
 
「おすすめ」フィルターは一言で言えば、長期的な視点から良い成績を残しているストラテジを抽出しています。
 
 
私たちは自動売買は短期的な利益を追求するのではなく、「長期的な運用でプラスになる」ということを目指して取り組むことが重要であると繰り返しお伝えしていますので、まさにその点にこだわったストラテジ選びをしています。
 
よく資産運用では「長期運用が大切」と言われ、言葉自体はかなり身近になったと思いますが、具体的にと言われると、クエスチョンマークがつき、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?
 
ここでは私たちが考えている長期運用の方法をご説明し、「おすすめ」フィルターをご案内します。
 
通常、長期運用というと数か月程度の期間ではなく、5年や10年といった長期的なスパンで運用することを言います。日々の損益の浮き沈みに一喜一憂せず、腰を据えて運用を行います。
 
そこで重要なのは将来的に利益を得られるものは何かということを見極めるということであり、ミラートレーダーで言えば、今後使い続ければ、利益を見込めそうなストラテジを選ぶ力ということではないかと思います。
 
言い換えれば、短期的にはマイナスになることもあるが、使い続ければ損益がプラスになる可能性が高いストラテジを選ぶことだと思います。
 
 
上のグラフは「おすすめ」フィルターに抽出されているExoticFx(GBPJPY)の1か月だけ運用した場合から3年間運用し続けた場合までの1か月あたりの平均損益をグラフにしたものです。
※以前、以下のコラムでDBSwing(EURUSD)をモデルにしてシミュレーションしましたが、今回はExoticFx(GBPJPY)を対象として同じ方法で検証しました。
 
○自動売買における長期運用のメリット
 
データはミラートレーダーのストラテジカードから取得した2011年9月から2017年9月現在までの同ストラテジの取引履歴で、損益はPips単位になります。
 
グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、短期で運用した場合、1か月間の最大利益は+2,396.2Pips、最大損失(グラフでは最小値)は-2,183.7Pipsと損益のブレが大きく、運用期間が長くなればなるほど、損益が安定してくるのがお分かりいただけるかと思います。
 
短期で運用した場合、開始するタイミングにより、損益のブレは大きくなりますが、長期で運用すれば、短期的な浮き沈みは相殺され、パフォーマンスが安定してきます。
 
しかも損益の最小値がプラスのストラテジを選び、数多くトレード(長期運用)をしていけば、最終的にプラスの損益、つまり少なくとも損をする確率が低くなると推定できるわけです。
 
このように長く使えば使うほど、プラスになると推定できるストラテジを「おすすめ」フィルターでは抽出して表示しています。
 
ミラートレーダーを利用するにあたって、どのようなストラテジを選択するかが非常に重要なポイントです。
 
私たちは、お客さまが安心して資産運用を行うことができるように、上記でご説明したことをもとに「おすすめ」フィルターに表示されるストラテジは抽出しています。
 
ぜひミラートレーダーで長期運用を始めてみてはいかがでしょうか。

 

コメント(0)

プロフィール

選べるシストレご紹介

「セントラルミラートレーダー」に関するさまざまな情報を当社スタッフがお届けします。

 

お客さまと一緒にミラートレーダーを使いながらマーケットに向き合い、出来る限りお役に立つ情報を発信していくよう頑張ります。